一般社団法人 全日検
サイトマップ
英語版
ISO9001認証取得
  お知らせ 法人情報 業務内容 採用情報 お問い合わせ  
TOP業務内容偏荷重コンテナ警戒システム
 
業務内容
検数業務
コンテナ業務
ドックサイド検数業務
シップサイド検数業務
自動車業務
鉄鋼業務
プラント輸出業務
青果・水産物業務
検量・検貫業務
木材検量業務
検量・検貫業務
検査業務
外国産農産物検査業務
アジア型マイマイガ(AGM)不在証明業務
理化学分析業務
放射能/放射線検査業務
魚体測定システム
活きのかんぱち稚魚の養殖用の確認検査業務
その他の業務
商社代行・精算事務処理業務
システム開発情報処理業務
物流管理に関する各種点検業務
偏荷重コンテナ警戒システム
コンテナ総重量偏荷重警戒システム
輸出中古車管理システム
 
偏荷重コンテナ警戒システム

特許番号:第 4947328 号

商標登録番号:第 5485465 号


 私たちは、一般社団法人として社会貢献の観点から、物流の過程において発生してしまう重大な事故、なかでも国際海上コンテナの輸送時におけるリスクを軽減し、2016年7月に改正されたSOLAS条約への対応も視野に入れ、流通が円滑に遂行できるよう、調査と研究を推進しています。
  重大事故が発生してしまう要因は様々な事が考えられますが、コンテナ内部における積荷の状態(偏荷・過積載等)が悪影響を及ぼしているケースが少なくありません。
 そこで、私たちは、コンテナの扉を開くことなく、コンテナ内部の状況と、コンテナの総重量を知ることができる偏荷重コンテナ警戒システムの研究・開発を進めています。
  このシステムは、走行中にコンテナ内部の荷重変化を計測し、運転席のモニターで荷重の変化を知ることができる特徴をもち、トレーラーへッド・コンテナシャーシの横転・転倒といった重大事故要因の軽減に繋がると考えています。
  システムを設置することで、輸送されている貨物損害のリスクや、物流に携わる人、また物流とは全く関係が無くとも重大な事故に巻き込まれてしまう人の命に関わるリスクを軽減し、安全に物が運べる環境作りに貢献したいと思います。
  これからも、研究と開発を進め、安心・安全で、ご利用いただきやすいシステム構築を推進していきます。
以上


偏荷重コンテナ警戒システム概要
 
偏荷重1
シャーシ
偏荷重2
シャーシ
 
シャーシの『前部・中部・後部:計6箇所』に設置したシステムから
検知したデータを3Dグラフによりモニターに表示します


業務内容についてお問い合わせ

お問い合わせ先
電話
FAX
メールでのお問い合わせ
本部業務部
03-5765-2125
03-3454-4785

 

 
個人情報保方針
このサイトについて