一般社団法人 全日検
サイトマップ
英語版
ISO9001認証取得
 お知らせ 法人情報 業務内容 採用情報 お問い合わせ  
TOP業務内容アジア型マイマイガ(AGM)不在証明業務
 
業務内容
検数業務
コンテナ業務
ドックサイド検数業務
シップサイド検数業務
自動車業務
鉄鋼業務
プラント輸出業務
青果・水産物業務
検量・検貫業務
木材検量業務
検量・検貫業務
検査業務
外国産農産物検査業務
アジア型マイマイガ(AGM)不在証明業務
理化学分析業務
放射能/放射線検査業務
魚体測定システム
活きのかんぱち稚魚の養殖用の確認検査業務
その他の業務
商社代行・精算事務処理業務
システム開発情報処理業務
物流管理に関する各種点検業務
偏荷重コンテナ警戒システム
コンテナ総重量偏荷重警戒システム
輸出中古車管理システム
 
業務内容
アジア型マイマイガ不在証明業務

 

米国・カナダ両政府は、樹木害虫であるアジア型マイマイガ(AGM)が我が国から両国に向けて出港する本船により侵入する恐れが大きいとして、平成19年6月1日より両国の沖合での船舶検査が実施されることになりました。
 沖合検査は原則として両国が指定した前年若しくは本年のAGMの飛翔地域と期間を経由して両国に入港する船舶が対象となります。
この検査の実施により、両国への入港が1日以上遅れることとなり、船会社の負担が大きいことから、同時に緩和措置も実施されることになりました。
 緩和措置とは、我が国から出港する前に両国が認定した登録検査機関が船体を検査し、AGMとその卵塊が付着していないことを確認し、その証明書を本船が所持している場合は沖合検査が免除されるものです。
 当法人は両国政府機関から登録検査機関として認定されており、検査を実施することが可能です。
 また、当法人の検査員は米加両国の検疫当局が作成したマニュアルに基づいた教育訓練を受けており、正確かつ迅速な検査実施が可能です。また、検査終了後、速やかに証明書を発行し、本船に提出することができます。

(参考)農林水産省ホームページ(アジア型マイマイガ(AGM)に関する情報)


ダウンロード

業務案内
申請書書式(AGMの飛翔地域と期間を経由した船舶)
申請書書式(AGMの飛翔地域と期間を経由していない船舶)
申請書記載例
AGM不在証明要求港一覧
このマークのついたコンテンツを閲覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。

業務内容についてお問い合わせ

お問い合わせ先
電話
FAX
メールでのお問い合わせ
本部 業務部
担当:吉村・菅原
03-5765-2126
03-3454-4785

 



 
個人情報保方針
このサイトについて